食べる活け花『水平に活ける食花』

June 2, 2014

 

 

偶然見つけた古民家ギャラリーのFacebookページのイベント、『水平に活ける食花』 というタイトルに目がクギ付けに・・・。


美術家・斎藤 ちさと さんと、いけばな作家・志村 みずえ さんによるコラボイベントで、花というテーマを切り口に、形や素材を活かしたお菓子などを、エディブルフラワーと共に並べ、盆景に見立てて楽しむ新しいスタイルの活け花の提案。

まずはじめに、斉藤さんから教えて頂いた、人間と花とのかかわりの歴史についてのお話は、古くから人と花が深く関わりを持ってきた歴史や、活け花のルーツとその変遷など大変興味深いものでした。

 

そして、従来の活け花の基本は『花を垂直に活ける』のに対し、あえて『水平に活け』、周りの情景との関連性までも提案し、新しいスタイルの活け花の展開をされている、志村さん自らが作られたお菓子などを参加者それぞれが自由な発想で並べ、小宇宙づくりを楽しみました。

 

会場のgallery園は、文京区の住宅街に佇む80年の古民家。
都心とは思えないほど緑豊かで静かな空間でした。


いつか私も、同じテーマで何種かの和菓子を作り、参加者が大皿に自由に盛り付けその情景を楽しむイベントをしたら面白いかもしれないなぁ~♪

 

◆gallery園(えん) http://7thwave.info/gallery-en/ 

Please reload

最新記事
Please reload

Copyright©2007 ​MOROHOSHI MIDORI  All Rights Reserved.